賢威をWordPressにインストールする方法

賢威を購入されたのなら、使い倒すのが元を取る唯一の方法ですね。今回は、賢威をWordPressのテーマにする手順をご紹介します。

実は、私の忘備録も兼ねています。

賢威のページからダウンロード

賢威のページに行き、最新版の「 賢威WP版をダウンロード 」をクリックして、ダウンロードを開始します。同じく、「子テーマ」もダウンロードします。

今現在は、賢威8.0です。これをダウンロードします。

必ず2つダウンロードします。

テーマをWordPressにインストール

賢威の親テーマ、子テーマをダウンロードします。そうしたら、少しだけダウンロードした親テーマと、子テーマを解凍します。ダウンロードしたときは、圧縮ファイルになっています。親テーマだけでも十分にWordPressは使用できます。しかし、カスタマイズなどを行う際にリスクを回避するための手段で「子テーマ」を使用することで親テーマを壊したりするのを防げます。

まずは、各賢威のファイルを解凍してからすこしだけ内容を変更する作業が必要になります。

その作業に必要なのが、テキストエディターとfttpソフトです。いずれも無料ソフトなのでお金はかからないです。

Tera Padを使ってテーマを編集

TeraPad(テラパッド)はシンプルなSDIタイプのテキストエディタです。 この TeraPad(テラパッド) を使用してファイルの編集を行います。

TeraPadダウンロードページ

このような画面のエディターが出ます。これを使用して編集していきます。

初心者の方にも使用しやすいテキストエディターですね。

賢威の子テーマを書き換える

賢威の子テーマを先ほどのTeraPadを使って編集します。とても簡単です。 「keni8-child」の中身はこうなってます。

それから、ファイルの中の「style」をTeraPadで開きます。そうすると、ファイルの中身が出ます。

このように出ますので、赤の四角部分を親テーマと同じものに変更します。keni8を変更することで、WordPressにインストールできます。

この場合、親テーマが「 keni80_wp_standard_all_202001221045 」なので、それを挿入することでファイルを変更することができました。

変更したら、そのまま保存ボタンを押してください。 これで、子テーマの編集作業は完了です。

FTPソフトでサーバーにアップする

FTPソフトは、無料のサーバー転送ソフトです。あなたのパソコン内にあるファイルをレンタルサーバーに転送することが出来るソフトです。

FFFTPソフトダウンロード

賢威子テーマをサーバーにアップロード

変更した賢威の子テーマをあなたのWordPressのテーマにアップロードします。

あなたのFFFTPでは、あなたのドメイン名のフォルダが表示されていると思います。そこからクリックして行きます。

あなたのドメイン名』   『wp-content』  『 themes 』の順番に開いていけばいいです。その中に、賢威のファイルをインストールし、アップデートします。ファイルは圧縮ファイルではなく、通常のファイルをインストールします。

左があなたのパソコン内のデータ、右がサーバーのデータです。

左のファイルを右にドラッグするとレンタルサーバーに転送されます。それから、アップロードして完成になります。注意しないといけないのが、必ずアップロードは、青の矢印をクリックします。隣の緑の矢印は、「ミラーリングアップロード」といいます。

これをクリックしてアップロードはしないで必ず青の個所でアップロードします。

WordPressで有効化

子テーマがWordPressにインストールされているかを確認してみましょう。

ちゃんと入っているのを確認できましたら、有効化をして完了です。

これでやっと完了しました! 一度出来たら慣れますね。

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】